2人目の赤ちゃんが出来ることをのんびりと希

2人目の赤ちゃんが出来ることをのんびりと希望して気付けば3年後、まだ妊娠していなかったので、私と主人の健康状態に懸念を抱きました。

1人目の子供を育て上げるためにも元気である必要がありますから、これをチャンスと捉え徹底的に検査を受けて、異常がなければ妊活をスタートしようと夫婦の間で話し合ったのですが、思い出してみるとこの話し合いをしたことが私の妊活の始まりでした。
お腹に赤ちゃんがいることを知ってからしばらく経って、所要量の葉酸が摂取できていないとわかったら手遅れと言うことはありません。



早急に手を打ってください。子供がすこやかに発育し、生まれてこれるようにとても重要な役割を果たすのが葉酸です。それまで摂取していた葉酸が十分な量ではなく、しっかり葉酸を摂らなければと考えるならば早急にアクションを起こして葉酸を十分摂取できるようにできる手段をとっていきましょう。


いつ妊活を始めたらよいか、中には気になっていらっしゃる女性もかなりいるはずです。
大変難しい質問ではありますが、あえて答えるとすれば未婚か既婚かは問わず、いつかは子供を産みたいという女性ならば、いつでも行うべきものだと言っても過言ではありません。妊活は、すぐに妊娠する目的だけではなく体を妊娠しやすい状態に整えるために行われる活動のことです。



そのため、いつ始めてもいいと言っても過言ではありません。たとえ妊娠していなくても、妊活中の方は薬の服用は避けるようにしてください。薬局やドラッグストアで買える胃腸薬や痛み止めについては妊活中でも服用できるのですが、気を付けていただきたいのは持病の治療のために医者から処方された薬を飲むことだそうです。

とは言っても、薬を服用する限り、副作用や身体への影響を考える必要がありますから、どのような薬を服用する場合でも、妊活中であることを医師や薬剤師に伝えたうえで服用のアドバイスをもらうのが安心だと思います。
葉酸の所要量は、妊娠中の女性の場合、妊娠していない人より多くなり、妊娠前のおおよそ2倍の480μgを摂り続ければ不足にも過剰にもならない量です。

ただし、葉酸が大事な栄養素だといっても、過剰摂取も問題があります。所要量を大幅に超える葉酸を摂ると、全身の症状として、発熱やかゆみなどを引き起こす可能性があるので、過剰摂取にも配慮が必要です。


そろそろ赤ちゃんを、というとき葉酸の効果が注目されています。

大別すると葉酸はビタミンB群の一つですが、独立したビタミンMとする分類法もあります。

造血機能を高めるビタミンとされていますが、血液以外の細胞分裂を促進するためにも絶対必要な栄養素であり、赤ちゃんを授かるために夫婦で摂って欲しいと言われるのです。


葉酸には子宮内膜をしっかり作る効果もあり、受精卵も着床しやすく、育ちやすくなるため着床して妊娠するのをスムーズにしてくれます。



妊娠初期には積極的に摂って欲しいと言われるのが、葉酸というビタミンです。葉酸を食材から摂ろうとすると、名前通りで、ほうれん草、モロヘイヤなど青菜に多く含まれています。


納豆は、加工食品の中でも葉酸が多いとされています。


海藻類や海苔なども葉酸が含まれているので食生活の中に上手に取り入れ、意識的に食べれば、所要量は自ずと満たされます。イチゴは葉酸を含む食材として知られており、間食にはちょうど良いと言えます。葉酸というビタミンは、赤ちゃんの健康のため妊娠期間中、毎日コツコツと摂取していく必要があるくらい大事なものです。

数え切れないくらいのメーカーで主要成分として葉酸が入ったものを販売していますが、注意しなければならないのは、買うときに全ての成分をチェックすることです。普段なら何でもないようなものにも影響を受けるのが妊娠初期なのでできるだけ無添加無香料の安全性が高い製品を選ぶのが正解です。



妊活とは、赤ちゃんが出来やすくなるための活動で、妊娠が成立する機序を知り、その仕組みに沿った措置を可能な限り講じていくものだともいえます。それから、最も重要なものといえば、まさしく、栄養だということは容易に理解できるでしょう。



とは言え、栄養素全てを、バランスよく適度な量を摂取するということは並大抵のことではありません。

そんな時に使えるのがサプリメントです。最近は、サプリの中でも妊活用のものというのも出てきています。



栄養素の中でも、特に葉酸は妊娠初期に摂らなくてはならない栄養素だと言えます。
妊娠初期に脳とか神経系が作られていく過程で、葉酸は盛んに使われるためです。どんなものを食べれば葉酸が摂取できるのかわからなくて不安、必要な量の葉酸を摂れるくらい食べるのは無理などの悩みをお持ちの場合は、青汁などを補助的に飲んで、必要な量を摂っていきましょう。赤ちゃんだけでなく、お母さんの身体のためにも、積極的な葉酸の摂取を続けて欲しいと思います。