2人目妊娠を気長に待ち続けて3年たった後も妊娠に

2人目妊娠を気長に待ち続けて3年たった後も妊娠に至らずだったので、夫婦どちらかの健康状態に異常があるのでは、と思い始めました。長女を育てるためにも元気でいなければいけませんので、この機会にしっかりと調べてもらって、異常がなければ妊活をスタートしようと夫と話し合って決めたのですが、思い出してみるとこの話し合いをしたことが妊活スタートの直接のきっかけですね。

少子化と同時に男の子か女の子かの産み分けを行いたいという夫婦も多くなっているようですが、日本の医療技術において、今のところ確実な産み分け方法は明らかにされていません。そのことを分かっていて、それでもなお「挑戦したい」というならば、次の方法を行ってみてください。
男の子を授かりたい場合は排卵日当日、女の子が授かりたい場合は排卵日の2、3日前に性交するという方法で可能かもしれません。
葉酸という栄養素は意識して妊娠初期に摂取することで胎児の細胞分裂を順調にするなど発育にとって非常に効果的な面があるのはご存じでしょう。葉酸を摂ろうと思ったら、ブロッコリーやアスパラ、枝豆、またほうれん草などの葉物にたっぷり含まれていますが、いろいろな会社から発売されているサプリメントでも十分摂取できるので、妊娠前から妊娠中の、全ての女性が毎日摂り続けてほしいものです。葉酸の性質として、水に溶けやすいということがあるので吸収率のピークが空腹時なので、効率よく葉酸を摂ろうと思ったら食間だというべきでしょう。



できれば、所要量を一度に摂るのではなく何回かに分けて摂っていくとより効果があることが実証されています。
時間帯としては、いつ摂るのが最も効果的かと言われれば就寝中に肝臓の血流が減るので、その前に飲むのが効果が最も上がる時間帯だと言えるでしょう。体の冷えは多くの女性が悩んでいるものですが、妊活中の方にとっても体を冷やすことは最も避けたいものの一つでしょう。
その主な理由は、冷えに伴う血行不良によって妊娠のために必要不可欠な子宮や卵巣の機能を低下させているおそれがあります。

多くの場合、冷えは足先から感じるようです。


いま、冷えに悩まれている方は、靴下を使って冷えを遠ざける「冷えとり健康法」を実施してみるなど、体を冷やさないように注意しながら、体に溜まった冷えをとって血行が良くなるように努力してください。


少しでも早く妊娠したいと妊活を行っているのなら、栄養は最も重要です。「太り過ぎ」までいくと問題ですがダイエットはひとまず控え、体に必要な栄養を摂りましょう。


おやつは「栄養補給のため」と考えて、度を超えて食べることをしなければストレスを解消するという意味でも効果的です。
妊娠したことが明らかになれば葉酸を意識して摂らなければなりません。

葉酸を十分に摂取することで、子供の健康の維持が促進されますし、お母さんが健康に過ごすためにも大事な栄養素だと言えます。

他のビタミンもそうですが、葉酸は食事だけでは十分に摂ることが困難です。


葉酸の不足を招かないためには上手にサプリメントなどを使っていきましょう。子供は結婚後できるだけ早く欲しかったので、何冊かの女性誌の特集記事で葉酸を妊娠前から出産まで摂取すると胎児がすこやかに発育するのには最も良いと、どこでも書いてあったため、さっそく葉酸サプリを飲み始めたのです。これはいつまで飲んだら良いのか気になって確かめてみましたが、一度にたくさん摂らなければ母子双方に葉酸は必要だということだったので、まだまだ、出産するまで葉酸を摂っていこうと思います。葉酸を摂ろうと思うと、レバーの他、ほうれん草などに豊富に含まれているのですが毎日食べ続けるのは無理な話で、継続して摂るのはなかなか難しいのです。
葉酸摂取のために押さえておいてほしいのは、食事から摂れる葉酸だけで毎日しっかり摂ろうと考えるのを止めて、補助的にサプリメントや薬を使っていけば良いのです。


食生活や他に飲んでいる薬など、様々な要因を考え合わせた上で、自分なりのやり方で葉酸の所要量を満たすことを目指してください。
水溶性ビタミンとして知られる葉酸はかなり水に溶けやすいので一度にどっと摂取しても小腸から吸収される以前に尿や便として身体の外に出てしまうこともあるのです。


そのことを考えれば、葉酸サプリメントは一日の中で何回かに分けて飲んだ方がいいと心がけて摂取してください。



葉酸の所要量を摂取できるように、毎日食材を組み合わせていくのはけっこう大変です。
少しでも多く摂取するのはもちろん、排出される量をできるだけ減らして、効果的に栄養素として使われるように頭を使うべきです。