2人目が出来るといいなと妊娠す

2人目が出来るといいなと妊娠するのをのんびりと待っていたら気付けば3年後、まだ妊娠していなかったので、自分か主人のどちらかに健康状態に問題があるのでは、と疑いだしました。第一子を育て上げるためにも長生きしなければいけないので、これをチャンスと捉え細かく検査をしてもらい、何もみつからなければ妊活し始めようと話し合って結論を出したのですが、思い返してみると、この話し合いが私の妊活の始まりでした。
女性にとって、妊娠初期に強化したい栄養素が葉酸だということは広く知られてきたことですが、本当のところ、妊娠中期や後期になっても葉酸こそ、子供と母体の両方にとても大事な栄養素なのです。妊娠後期まで葉酸を摂ることで、赤ちゃんは発育が促され、母体にとって危険な貧血や妊娠中毒症の予防にもなります。このことを考えれば、妊娠初期にとどまらず、妊娠中期以降も、できれば授乳中も葉酸を意識して摂取するのが一番良いでしょう。お子さんが欲しい方、妊娠中の方であれば葉酸と呼ばれるビタミンを多めに摂って欲しいのです。ビタミンの一種として、葉酸には胎児の発育を促す役割や、細胞分裂を促進する役割を果たします。
葉酸を摂るには野菜を食べることで、葉物はもちろん、ブロッコリーや芽キャベツ、枝豆などに含まれていることは知られていますが、市販のサプリメントでも十分な量が摂れるので野菜が足りていないと思う方や葉物野菜が好きでない方は特に良いでしょう。サプリメントや錠剤にもなっている葉酸は妊娠初期の摂取によって胎児の細胞分裂を順調にするなど成長を側面から助ける効果があるのはご存じでしょう。



ブロッコリー、アスパラ、ほうれん草、枝豆などの食材に、葉酸が多く含有されていますが、サプリメントを活用すると上手に摂れますので女性は、妊娠前から妊娠中まで摂取を続けることが望ましいのです。


葉酸はビタミンB群で、水溶性であり胃に食べ物がないときに最も良く吸収されるため、いつ葉酸を摂れば一番いいかといわれると、それはベストなのが食間です。



可能であれば、一日の所要量をいっぺんに満たそうと考えず、上手に分けて摂った方が身体に対して良い効果があるとされています。一番効果的な摂取のタイミングを挙げれば、夜寝ていると、肝臓の血流量は減少するため、寝る前に摂るのが葉酸を効かせるためには最も良いでしょう。東洋医学の漢方は妊活のためにも活用されています。


即効性はありませんが、漢方は体質を改善するような効果がありますので身体を妊娠しやすくするのに役立ちます。

今日では大手のドラッグストアに置いてあるのも見かけますので手軽に買うことが出来るようになっています。「費用が気になる」という人もおられると思います。
その様な方には不妊治療のために漢方を適用している病院にかかるといいでしょう。医師に診察してもらわなければなりませんが、保険適用でいくらか安くなります。
自分の子供を持ちたいと妊活を続けている方は、思い切ってお守りの力を借りてはどうですか。
お守りの一つの、鎌倉所在の長谷寺は子宝と関係があり、そこにおいてあるお守りは、妊活時の気持ちを落ち着かせ、安心させてくれます。

また、妊活関連のお守りとしては、パワーストーンなども出ていますので、いくつかのお守りを持ってみるというのもいいかもしれないですよ。

真面目に妊活の計画を立てているご夫婦は、まずはきちんと産婦人科で検査してみましょう。
そうすることで、そもそも妊娠のために十分な体なのか、問題がないのかなどが確認できますから、不妊検査はぜひ行っていただきたいですね。しっかりとした検査を受けておけば、安心して妊活に臨めますし、授かった赤ちゃんの健康にも影響しますから、いいこと尽くしですよね。

近年の日本における先天性奇形の発生率は生まれてくる子供のうちの、約4%です。奇形のリスクは高齢出産などで高くなりますが、ある程度、奇形のリスク低下が実証されている栄養素がビタミンMとも言われる葉酸です。ことに最も胎児の細胞分裂が盛んな時期、初期から中期にかけて必要な量を摂取しなければならないので、妊娠している女性には、葉酸が必ず摂取しなければならないビタミンだと言い切っても全くオーバーではないのです。お腹に赤ちゃんがいるとわかったときから他の栄養素にも増して、葉酸を摂る必要があります。


継続的な葉酸の摂取によって、赤ちゃんの発育は順調に進むようになりますし、母体の健康を維持するためにも必要な栄養素です。
葉酸の多い食材を意識して食べていても、妊娠中の所要量は毎日摂り続けるのも大変です。


葉酸の不足を招かないためにはサプリメントや薬を使うのも有効です。