私は結婚後、早く赤ちゃんが欲しいと思い

私は結婚後、早く赤ちゃんが欲しいと思い、雑誌やインターネットのサイトでサプリメントなどで、葉酸を妊娠する前から摂っていくことが障害の発生予防や発育の促進に役立つと、どこでも書いてあったため、さっそく葉酸サプリを飲み始めたのです。妊娠何週まで摂った方が良いのかも後で調べましたが、一度に摂りすぎると悪影響もあるようですが、そこに気をつければ葉酸は子供にも母体にも必要だと書かれており、今のサプリメントを出産まで飲もうと思っています。下の子が出来ることを焦らずに希望してから3年経ったあたりで妊娠できていなかったので、自分自身か夫の体の状態に悪いところがないか気になりだしました。

第一子を育て上げるためにも長生きしなければいけないので、この際だから細かく検査をしてもらい、何もなければ妊活を始めようと話し合って結論を出したのですが、今思ってみればこの話し合いが私が妊活をはじめたきっかけでした。妊活において意識していただきたいのが、歪んだ骨盤を整える事なんですよね。



体に負担がかからない簡単な体操などを教えてくれる動画がたくさん見られるようになってきました。妊娠のために重要な子宮などの器官は骨盤内にあるのです。

そのため、骨盤の歪みを取って血行を正常に戻してあげれば体の内部から温まり、妊娠しやすくなるということです。サプリメントで葉酸を摂取するのは、妊娠初期からずっと続けていましたが、妊娠中期にさしかかってから赤ちゃんが大きくなるためにはカルシウムも必要だと気づき、今まであまり飲んでいなかった牛乳を、たくさん飲み始めました。いつのまにか、牛乳が合わない体質になっていたことを知らなかったので、お腹の調子が悪くなってしまいました。
その後は、血液検査で引っかかり、貧血の診断を受けて鉄分を摂るために薬を飲みましたが、結果的には、始めからカルシウムや鉄分が入っている葉酸サプリを選んだ方が正しかったのかなと思います。


一体いつの時点で妊活を始めるのが正しいのか分からない女性も結構いるのではないでしょうか。大変難しい質問ではありますが、あえて答えるとすれば結婚しているしていないにかかわらず、いずれ妊娠をしたいと考えている女性であれば、だれでも、いつでも行うべきだと言えるのではないでしょうか。妊活と言えば、すぐに妊娠するためのものだと考えがちですが、体をより妊娠しやすい状態に近づけるために行う活動を言うのです。


ですから、どの時点で開始しても早すぎるということはないでしょう。
これまでほとんど便秘することはなかったのに、妊娠してから便秘しやすくなったという方は決して珍しくありません。腸の働きを正常にするためにも、腸の中で細菌が正常に働いていないとあらゆる栄養素がうまく吸収されないことになります。どの栄養素も、腸内で細菌が働くことにより吸収が進むわけで栄養をきちんと摂ることと並行して、腸内環境の整備も意識していくべきです。いよいよ赤ちゃんが来たとわかったら、他の栄養素にも増して、葉酸を摂る必要があります。
葉酸を十分に摂取することで、子供の健康の維持が促進されますし、お母さんが健康に過ごすためにも重要な役割を果たす栄養素なのです。



葉酸の多い食材を意識して食べていても、妊娠中の所要量は毎日摂り続けるのも大変です。食事だけでは摂りにくい分はサプリメントなども活用しましょう。
葉酸の人体に対する作用と言えば、全身に血液が良く行きわたるようにすることが有名でしょう。血行が悪くなるのはあらゆる不調の原因で、腰痛や肩こりの他、冷え性や不妊の原因とも言われているので、そういう悩みをお持ちの方は意識して葉酸を多く摂るようにすると症状の改善につながるのではないでしょうか。

同時にビタミンEを多めに摂ることで、血行改善の効果はさらに高くなります。もし、妊活をしているのなら、色々と気を使わなければなりません。たとえば、風邪薬を飲むのは一体どうなのかというと、そんなに大きな影響をおよぼすということはないです。
ですが、少しでも妊娠することに良くない影響が及んだらどうしようと気に病む時は、問題はないのかどうかを医師に確認してください。
妊活を行っている時は普段以上に気にかけるべきなのはストレスへの対処です。
心身のストレスによって筋肉の緊張を招き、血流が悪くなってしまいます。



その結果、妊娠に重要な役割を果たす卵巣や子宮の機能が落ちます。もしも働いている女性で、ストレスは大きいし、かつ生活習慣も乱れがちだ、という場合は、仕事を休ませてもらうことも考えてみてはどうですか。