赤ちゃんが欲しいというご夫婦から、ぜひ

赤ちゃんが欲しいというご夫婦から、ぜひ摂りたい栄養素として葉酸が人気を集めています。
葉酸はビタミンB群の一つですが、最近ではビタミンMとも言われます。

貧血解消のために鉄分とともに摂るビタミンですが、血液以外の細胞分裂を促進するためにも葉酸が必要不可欠のため、妊娠するためには夫婦どちらにも重要です。葉酸は子宮内膜をきちんと作るためにも必要な栄養素で、受精卵も着床しやすく、育ちやすくなるため妊娠する確率が高くなります。妊活中に煙草を吸う方がいますが、これは厳禁です。
もうご存知とは思いますが、煙草を吸う事で体にマイナスに作用して健康に問題が出て妊娠しにくくなるケースがあるのです。

喫煙による妊娠への影響は女性に限った話ではなく男性側にも同じことが言えるでしょう。喫煙による影響で言うと、女性の場合は排卵障害、男性に関しては精巣機能が低下するといった報告がされています。ですので、妊活中の方は女性だけでなく男性も禁煙するのが理想的です。



妊娠がわかった直後から葉酸サプリを飲み続けていました。問題なく妊娠中期に入った直後にカルシウムも摂取しなければと思って飲めるだけの牛乳を飲んでいました。
自分の身体には大量の牛乳が合わなかったようで、吐き気がして、お腹を壊してしまいました。妊娠後期には、今度は貧血と診断されて産院で出された鉄剤を飲むことになりました。
結果的には、始めからカルシウムや鉄分が入っている葉酸サプリを選んだ方が正しかったのかなと思います。少子化が一つの原因となって、中にはいわゆる「産み分け」を意識する夫婦も増えつつあるようです。
しかし、日本の医学の現状では、まだ確実に産み分けが出来る方法は見つかっていません。そのことを分かっていて、そうは言ってもやはり挑戦してみたいという事であれば、確実ではありませんが次の方法を試してほしいと思います。
男の子が欲しいなら排卵日に、女の子が欲しいならその2、3日前に夫婦の営みを持つという方法が効果があるかもしれません。



少しずつ暑さが増してくると知らず知らずのうちに「冷たいものが飲みたい!」と思ってしまうことが多いですが妊活の最中は、いつにも増して極力冷たい飲み物は飲まないようにした方がいいと思います。

その逆に、温かくしてある飲み物を飲むと妊娠に関与するホルモンの働きが改善します。飲む物に関してもそうですが、それ以外にも生活全般において日常的に体を冷えから守ることを意識して生活しましょう。

胎児が母体内ですこやかに育っていくために、葉酸は所要量を毎日摂取したいビタミンだという知識が定着したようですが、元々の性質が、熱に弱く、水に溶けやすいので食材から摂れる葉酸だけでは、必要量の摂取はなかなか困難です。調理法を工夫して、葉酸の損失を減らせる方法を知っておけば役に立ちますし、補充のためにサプリメントなどを活用することもぜひ取り入れてください。
葉酸は、妊娠初期に摂ると良い栄養素だということは今や常識でしょう。


しかし、本当は妊娠1ヶ月前から継続して多めに葉酸を摂っていく方がベターだと知っていましたか?ですから、妊活を始めようとしたときが生活の中で葉酸の摂取を心がけて欲しい時期だと言えるのです。

さて妊活を、と思ったらどうやったら葉酸を摂れるか、考えてみてください。
とりわけ妊娠初期に強化したいと言われるのが、ビタミンの一種の葉酸です。葉酸は何に多く含まれるかを挙げると、野菜の中でも、ほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に多いとされます。意外ですが、納豆も葉酸が豊富です。

海藻類や海苔なども葉酸が含まれているので上手く献立に取り入れて積極的に食べると葉酸が自然に摂取できます。

イチゴは葉酸を含む食材として知られており、間食にはちょうど良いと言えます。生食だけでなく、料理の素材としても使われるそのクリーミーさが独特のアボカドは、炭水化物や植物性脂肪の他、葉酸がたくさん摂れます。
人の身体にとって、葉酸は大事な役割を果たすものです。
造血機能を高め貧血を防ぐ、さらに妊娠初期から出生前の胎児に効率よく栄養を行きわたらせ発育を順調に進めるなど、いつでも誰でも摂らなければならないビタミンなのです。

神経管閉鎖障害など、胎児が神経系の障害を起こす危険を下げるためには葉酸というビタミンが大事な役割を果たします。女性は妊娠中、葉酸を積極的に摂ることを以前から厚生労働省が推奨しています。効果的な葉酸摂取の方法として、普通の人の、一般的な食生活では葉酸をたくさん摂ることはかなり難しいと言うべきです。

足りない分はサプリなどを飲んでリスク低減ができるくらいの葉酸を摂るように努めてください。