生まれてくる赤ちゃんの健康のために、葉酸は妊娠

生まれてくる赤ちゃんの健康のために、葉酸は妊娠期間中、毎日コツコツと摂取していく栄養素の一つです。
どこの製薬会社や健康食品会社からも主要成分として葉酸が入ったものを販売していますが、必ず行って欲しいのは、購入時に葉酸の他に何が入っているか、確かめることです。普段なら何でもないようなものにも影響を受けるのが妊娠初期なので極力、添加物や香料を使っていない身体に優しい製品を探しましょう。いよいよ赤ちゃんが来たとわかったら、栄養素の中でも、特に葉酸の摂取を心がけてください。


きちんと葉酸を摂ることで、胎児の発育がある程度助けられますし、お母さんが健康に過ごすためにも大事な栄養素だと言えます。他のビタミンもそうですが、葉酸は食事だけでは毎日きちんと摂ることが難しいものです。



葉酸の不足を招かないためには補助的にサプリメントや錠剤を使うのも、一つの手です。あなたは「妊活」という言葉を知っていますか?これは、言葉そのままの意味で、妊娠をするために行われる、いろいろな活動全般をひっくるめて表現する言葉です。

言うまでもないことですが、夫婦の営みを持ったとしても100%妊娠するわけではないので、子供を産み育てたいという夫婦にとって、妊娠を成立させる確率をアップするための活動だということができるでしょう。それのみならず、健康な子供を授かるために行われる、いろいろな対策のことも含んで使われます。お腹に赤ちゃんがいることを知ってからしばらく経って、そういえば葉酸が十分摂れていないと気づいたとすれば決して遅くはないので、すぐ行動を起こしましょう。
胎児の発育を順調に進め、出産までこぎ着けるために欠かせない栄養素が葉酸です。それまで摂取していた葉酸が十分な量ではなく、しっかり葉酸を摂らなければと考えるならばすぐに動き始めて妊娠中に必要な量の葉酸を摂るよういまできることを一つずつやっていくべきです。妊婦と赤ちゃんのために必要な栄養素である葉酸は、ゴーヤーにも多いとされています。葉酸だけでなく、他の栄養素も豊富なので旬のゴーヤーは食べて欲しいものですが、どんなに食べても良いというわけではないのです。



大量に食べてしまうと、食後の胃もたれや下痢が現れる人もいるそうです。

妊娠して様々な変化が起こっている身体に、不調が起きると母体のみならず、胎児にも良くない影響が及ぶかもしれません。重要な葉酸の役割として、血液の滞りを防ぎ、血行を良くすることは特に大事な役割です。末梢に血液が行きわたらないといろいろな不調を引き起こすもので、腰や肩の痛みやコリ、冷え性、不妊なども血液の滞りが引き金になるとされているため、そのような症状に思い当たるところがあれば葉酸の摂取量を増やすことを考えてみると改善されることもあるようです。

このとき、ビタミンEも摂るようにするとさらに血行を良くする効果があります。2人目妊娠を気長に待ち続けて3年たった後も妊娠に至らずだったので、自分自身か夫の体の状態に悪いところがないか気になりだしました。長男を育てる上でも病気があったら困りますのでこの際だから体をくまなく検査してもらい、異常がなければ妊活をスタートしようと話し合って結論を出したのですが、よくよく考えるとこの時の話し合いが私の妊活の始まりでした。


近年の日本における先天性奇形の発生率は生まれてくる子供のうちの、約4%です。奇形を引き起こす要因は高齢出産などいろいろありますが、先天性奇形の危険性を低下させるビタミンとして挙げられるのが葉酸だといえます。とりわけ、胎児が細胞分裂を盛んに行っている初期のうちに所要量を摂ることが大事なので、妊娠している女性には、葉酸が絶対欠かせない栄養素と言っても全くオーバーではないのです。葉酸が妊婦に不足しがちということで、妻は妊娠がわかった直後からサプリメントを飲んでいます。私には関係ないと思っていましたが、妻に、自分も飲んでみたいと言ったところ、「妊婦のためのサプリだから、男性は飲まなくても良いんじゃないの」という意見でした。


男性が飲んでも何か良いことがあるはずだと思い、こっそりサプリメントを飲み始めました。

劇的な変化はありませんが、お酒を飲んだ翌日の疲れがなくなって、悩んでいた口内炎ができにくくなったと思います。妊娠初期には、葉酸の摂取が大切です。だとすれば、多く摂る期限はいつまでかとなりますが、授乳が終わるまで摂り続けるのが理想とされています。


そんなに長い期間と言われそうですが、最短でも、妊娠中期までの間は葉酸の摂取を意識してほしいです。
なぜなら、葉酸は赤ちゃんばかりでなく母体や母乳のためにも必要とされる栄養素なので欠乏しないように常に気をつけるべきだからです。