赤ちゃんとお母さんのために、葉酸は必

赤ちゃんとお母さんのために、葉酸は必要な栄養素だと広く知られるようになりましたが、実は、妊娠前から葉酸を摂れば、受精率や着床率が上がるといわれているのです。


受精してから完全に着床するまでには活発な細胞分裂を行わなければならないので、葉酸の役割が重要になってきます。



従って、妊娠するまでにも葉酸は必要ですし、胎児が健康に育って、無事に生まれてくるためにも重要な役割を果たすものなので、子作りを決めてから授乳が終わるまでの期間、欠かさず葉酸を摂ってください。水溶性ビタミンとして知られる葉酸は水に溶けやすいのが特長なので、一時的に過剰摂取になったとしても消化管から吸収されるよりも先に尿とともに排出されることもあります。



そのことを考えれば、葉酸サプリメントは一日の中で何回かに分けて飲んだ方がいいと心がけて摂取してください。



葉酸の所要量を摂取できるように、毎日食材を組み合わせていくのはけっこう大変です。

しっかり摂っていきたい場合は、少しでも無駄なく栄養素としての役割を果たすようにしたいですね。


妊娠の可能性がある方や、妊娠中の方はビタミンの中でも、葉酸を多めに摂りましょう。



ビタミンの一種として、葉酸には胎児が順調に育ったり、細胞分裂を進めたりするのを助ける効果があります。ブロッコリーや芽キャベツ、枝豆などの他、葉物の野菜にも含有量が多いのですが、いろいろな種類のサプリメントもあるので野菜が足りていないと思う方や葉物野菜が好きでない方は上手に利用して欲しいですね。よく言われているように、妊活する女性にとって、体を冷やしてしまうことは望ましくないものです。冷える事は血行不良に繋がりますから、卵巣や子宮などの妊娠に大切な器官が満足に働かなくなるおそれがあるからです。多くの場合、冷えは足先から感じるようです。いま、冷えに悩まれている方は、靴下を利用する「冷えとり健康法」といった方法などで体を冷やさないように工夫して、体に溜まった冷えをとって血行が良くなるように努力しましょう。



葉酸の所要量を妊娠中の女性で考えると、妊娠前と比べて増加します。倍近い480μgの摂取が葉酸不足には陥りません。



葉酸の重要性は知られていますが、過剰摂取にならないよう気をつけましょう。
大量の葉酸を摂り続けると発熱や身体のかゆみと言った症状を起こす危険もあるとされるので、毎日たくさん摂るのも考えものです。
妊娠初期こそ、葉酸を多めにとって欲しい時期です。
だとすれば、多く摂る期限はいつまでかとなりますが、授乳が終わるまで多めに摂取できればベストです。いろいろな事情でそれが難しければ、最低限、妊娠中期を過ぎるまでは葉酸の摂取を意識してほしいです。葉酸は赤ちゃんのために摂るだけでなく母体にも重要な役割を果たす栄養素なので欠乏による病気や不調を起こさないように摂取に努めて欲しいと思います。医師の勧めもあって、妊娠がわかるとすぐに、サプリメントで葉酸を摂り始めました。

お医者さんには、すぐに飲んだ方が良いとせき立てられたのですが、どうなったらサプリメントを止めて良いのかということは一切話がありませんでした。1袋空いたところで良いかと思い、葉酸サプリは一旦卒業しました。

ところが、授乳が終わるまで葉酸を摂った方が良いと最近聞いたので葉酸サプリをまた飲むようになったのです。



食材から葉酸を多く摂ろうとすると、可食部あたりの含有量で言えば、レバーや枝豆が豊富ですが、ある栄養素を摂るためだけに葉酸を多く含む食材にこだわるというのはとうてい現実的ではありません。誰にでもできる葉酸の摂取方法として、手軽なスムージーも良いでしょう。作り方は簡単で、ミキサーに葉酸が多い野菜や飲みやすいようにりんごなどの果物、水分を入れれば良く、作るのも簡単、飲んでも美味しいスムージーが完成します。



大抵、女性に関しては妊活中の飲酒は避けるよう注意されることが多いです。



それはどうしてかといいますと、妊活中はいつ妊娠が発覚するか分からないので女性が自分でも妊娠していると分かっていない時にお酒を飲んでしまい胎児がその影響を受けてしまうことを防ぐためです。そして、アルコールの作用によってホルモンバランスが乱れたり体を冷やすおそれもあるので妊娠の確率を上げるためには避けるべきものだからです。



なるべく体温を上げたり、代謝を良くしたりすると妊娠しやすい体づくりに繋がります。日頃から運動をしないという妊活中の女性は、可能な限り運動をしてください。



ハードである必要はありませんから、ストレッチあるいはヨガなど、緩やかな動きのものがいいでしょう。


今日では妊活ヨガというヨガのコースがあるスタジオもあり、注目を集めています。